キリスト教葬儀マナーや香典袋の名称と電報の出し方は?

葬儀場に移動して、召天者をお送りします。

司祭がご家族を道案内します。

亡き人の生かされた日々に思いを巡らしながら、お祈りを捧げるようにします。

宗教者がふさわしい聖書のみ言葉を言います。

逝去した方を見届けて、偲ぶ時を持ちます。

キリスト者お見送り支援対応の一日の葬式は、御食事の時間を持ちます。

家族での葬儀は、前夜のミサと葬儀式を行います。

しっかりとした生花を飾って、親族と共に故人を偲ぶ時を持ちます。

キリスト教葬儀のマナー

パスターはご遺族に寄り添い式場に赴きます。

一般葬は会社の同僚やご友人を参列者に呼びます。

キリスト教の弔いで説教をする司祭の依頼のみでも大丈夫です。

周囲の葬儀社に会員になっているけれども、司式者は確かな牧師にしていただきたいという喪主様に。

プロのピアニストによる賛美での告別式。

我が国の葬儀は、ものすごく必要経費が高額のために注意が必要。

基督教告別式の主要な代金は、宗教者や奉仕者への感謝、礼拝堂利用代金、墓石などがあります。

葬儀業者は、亡骸の輸送から火葬場の手配、葬送の申し合わせまですべて担当します。